”手放す”が加速する

お家タイムが増えた期間に、お家のモノたちと向き合い

やはりスッキリと手放したいという結論に至る。

私の場合、ハードルは二種類ありました。

①ただ手放すのではなく、少しでもお金にしたい。でも、作業が進まずそのまま・・・

②捨てると決まっているのに分別・処理が進まず置いたまま・・・

まず、①の解決のために思考を切り替えることにしました。

「その手のプロに任せる!」

例えば衣服の場合、確かにネットアプリなどで出品すると思わぬ嬉しい収入になったりします。

それに挑戦するのも一策。ただ、私の場合長い間そんな事を考えながらも、結局そのままに・・・

それでは当然何も進まない・・・。

そこで、自分がよく利用する古着屋さんの送料無料の宅配買取サービスを利用してみることに。

インターネットから申し込み。重い腰を上げて、やってみると意外となんちゃない。

買取結果は21点で300円。

自分でネットアプリなどで販売したら10倍以上にはなったでしょう。しかし、

いうても数千円。飲み会、洋服1着購入を見送ったら浮く程度の金額です。

時間と空間、そして自分の目指す快適な生活と天秤にかけたらむしろありがたい。

そもそも素人の自分が洋服を販売するより、プロの手で広く販売した方が合理的。

自分が古着を購入する時も売却する時も、プロが間に入ると既にノウハウがあるのでスムーズで安心です。(さすがプロ!なワケです)

ところで・・・、

↑この考え方が正解なのではなく、この思考に切り替えたというのが今日のお話です。

この思考・考え方を取り入れたことで、私は長らくそのままにしていた衣服を無事に手放す事が出来ました。

そして、一つこの作業が上手くいった事で、モノを手放すのはそんなに大変なことではない、という気持ちが芽生え、作業が加速していきました。

面倒だった、②捨てると決まっているのに分別・処理が進まず置いたまま・・・

にも着手出来たのです。

②のポイントになったのは、ごみ収集のスケジュールチェックでした。

燃えるごみの日は頭に入っていても、月に一度の燃えないごみ、びん、缶、粗大ごみは気づくと過ぎてしまう。

それらをカレンダーに書き込み、その日に向けてごみ袋を準備する

袋が準備されていると、思い立ったその時、気づいたその瞬間に仕分ける事が出来ます。

「あぁ、いつか・・・」がなくなるのです。

 

まとめ

①ただ手放すのではなく、少しでもお金にしたい。でも、作業が進まずそのまま・・・

→プロに任せのが合理的だという思考に切り替える

②捨てると決まっているのに分別・処理が進まず置いたまま・・・

→ごみ出しスケジュールを確認して袋を準備する

一歩踏み出すと、二歩目はもっと軽くなります!

私も引き続き、頑張りまーす!

Facebook にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください